エントランスへはここをクリック   

日本と中国の歴史をひも解くシリーズ

南京大虐殺と日本の戦争犯罪」に関する
国際シンポジウムを南京で開催

新華社、中国新聞網 2017-9-7

翻訳:青山貞一(東京都市大学名誉教授)
独立系メディア E-wave Tokyo 2021年10月13日

 
2017年09月07日 20:57 ソース:中国新聞網
南京大虐殺と日本の戦争犯罪」に関する国際シンポジウムを南京で開催
南京で「南京大虐殺と日本の戦争犯罪」をテーマにした国際シンポジウムが開催されました。 Photo by Zhang Li


本文

  新華社 南京 9月7日】今年は南京大虐殺と民族抵抗戦争勃発の80周年に当たり、南京大虐殺史研究所と国際平和研究所、南京侵攻日本軍虐殺史研究会が共催する「南京大虐殺と日本の戦争犯罪」国際シンポジウムが9月7日に南京で開催された。 セミナーも南京で開催された。

  今回の会議には、南カリフォルニア大学ユダヤ・ホロコースト財団、ドイツ日本研究センター、日本の透明大学、カナダのアジア第二次世界大戦史実協会、中国社会科学院、江蘇社会科学院、南京大学、浙江大学、南京師範大学、香港大学、中国第二歴史档案館、中国人民抗日戦争記念館、南京大虐殺歴史・国際平和研究所など、国内外の30以上の機関、研究機関、資料館、博物館から80人以上の専門家や学者が参加しました。


侵略日本軍による南京大虐殺犠牲者記念館の館長である張建軍氏が講演しました。 Photo by Zhang Li

  会議に参加した専門家や学者は、南京戦、南京大虐殺、難民救済、日本の中国侵略の歴史、「慰安婦」問題、日本の戦争犯罪者の裁判、平和都市の建設、歴史教育、南京大虐殺の学際的研究などに焦点を当て、歴史学、政治学、コミュニケーション、平和学、文学、絵画など様々な観点から「南京大虐殺と日本の戦争犯罪」について対話と議論を交わしました。

  セミナーでは、南京大虐殺史・国際平和研究所専務理事兼南京大虐殺犠牲者記念館館長の張建軍氏が、近年、記念館は南京大虐殺史研究会や南京大虐殺史・国際平和研究所を頼りに、大学や社会科学院との交流・協力を積極的に行い、シンクタンクの研究や民間交流を活用して、日中関係の発展と改善、中央アジアの平和と和解の維持に共同で貢献していると述べました。

  南京大学南京大虐殺・国際平和史研究所所長で南京大学名誉上級教授の張賢文氏は、関連する歴史研究の成果をまとめて近いうちに出版する予定で、特に南京大虐殺の原史料をまとめた20巻以上の最新版は、早ければ今年の年末に出版される予定だと述べています。


笠原十九司は、1980年代初頭に南京事件研究会に参加した先輩学者。 Photo by Zhang Li

  中国社会科学院現代史研究所所長で、中国日本侵略抵抗戦争史学会会長の王建良氏は、南京大虐殺に関する研究は、マクロ、メソ、ミクロの3段階で大きく進展し、完全な研究チェーンを形成し、包括的で専門的な研究を形成していると述べた。

  今回のシンポジウムに参加した日本側の参加者のうち、笠原十九司さんと井上ひさしさんは、1980年代初頭に「南京事件研究会」に参加し、何度も南京を訪れて現地調査やインタビューを行い、南京大虐殺の生存者の証言を聞いてきた先輩学者である。

  松岡環は、日本の旧友でもあり、南京大虐殺の歴史的真実を日本の国民に伝えることに長年こだわってきた。 その中で、大東仁は1000点以上の遺品を記念館に提供・寄贈している。

  また、リン・ボヤオは日本で生まれ育った福建省出身の華僑2世である。 現在、中国海外友好協会理事、在日中国人の日中交流を促進する会事務局長を務めている。 1950年代には、日本で殉職した殉職者や労働者の遺灰を本国に戻す活動に参加した。 彼は生涯をかけて、中国で捕虜となった日本人労働者の権利と利益のために運動してきた。

  また、当日は多くの学術的な議論が行われ、南京大虐殺の歴史に関する研究に実りある成果を残した。 (終了)。)

[編集部:Kang Jeong-woo