エントランスへはここをクリック       

朝鮮戦争の映画が記録を更新、今日の
中米競争にも影響を与える
Liu Caiyu、Yu Jincui 環球時報 
2021年10月1日
Korean War film breaks records, has implications
 for today's China-US competition

Liu Caiyu and Yu Jincui GT September 29 2021

翻訳:青山貞一(東京都市大学名誉教授)
 独立系メディア E-wave Tokyo 2021年10月1日
 

木曜日、上海の映画館の外に掲げられた映画「<em>Battle at Lake Changjin</em>」のポスター。写真はCFP

本文

 朝鮮戦争(1950~53年)を題材にした中国の戦争映画長江湖畔の戦いが公開されてから1日後の木曜日、その興行収入は4億3,100万ドルを超え、報道発表時点で5つの映画史の記録を更新したという。

 この映画の成功は、映画の中で表現されている国民感情が、挑発行為の前に国益を守るという国民感情の高まりと呼応していることを示しており、今日の中国と米国の競争に大きな影響を与えていると観測されている。

 アリババ・ピクチャーズが所有する映画ビッグデータ・プラットフォームであるLighthouseのデータによると、木曜日に全国で公開されてから1日後のプレスタイム時点で、この映画の全体的な興行収入は4億3,100万ドルを超えている。

 この映画は、歴史映画としての初公開日の興行記録や戦争映画としての興行記録など、5つの興行記録を更新し、興行の王者となった。また、プレミアデーの上映回数も過去最高となり、国慶節休暇中の戦争映画のプレミアデー興行記録と、国慶節休暇中の歴史映画の累積興行記録を更新したことがデータで示された。

 この映画は、米国の侵略に抵抗し、韓国を助けるための戦争(1950-53年)において、中国人民義勇軍(CPV)の兵士たちが、厳しい寒さと敵のより高度な兵器の中で、どのように持ちこたえたかを描いたものだ

 初日にこの映画を見た人は、中国のソーシャルメディア「新浪微博」で、「この映画を見た後、中国人は米国を恐れていないし、恐れたこともないということを実感した」とコメントしている。70年前、米国は朝鮮戦争に勝てなかったし、今日の貿易戦争にも勝てない。

 長江湖畔の戦い』は、中国の産業ブロックバスターの天井と呼ぶことができ、制作規模や視覚効果の観点から国産戦争映画のマイルストーンとなるだろうと、多くの映画ファンがネットに投稿している。

 軍事専門家でテレビのコメンテーターでもある宋忠平氏は、『長江湖畔の戦い』の興行収入の高さは予想通りだったと『環球時報』に語っている。「この戦争大作映画は、中国国民が国家の主権、安全、発展の利益を守ることに堅固であり、ライバルが誰であろうと恐れを知らないという中国国民の精神に光を当てている」と語った。

 宋氏は、「この映画は、中国の人々がトラブルを引き起こさず、トラブルが起きても決してひるまず、挑発を打ち破ることができることを示しており、これは今日の中国と米国の競争に大きな意味を持っている」と強調した。

 上海にある復旦大学中国研究所の国際関係研究者である宋露成氏は、長く続く中米の戦略的対立を考慮すると、中国は米国の侵略に抵抗するための戦争と韓国を助けることをテーマにした映画をもっと必要としており、それは中国の結束力と自信を高めるのに役立つと述べている。

 米国との戦略的競争における中国の不屈の精神は、米国の侵略に抵抗し、韓国を助けるための戦争における長江湖畔の戦いで伝えられたものと同じであると指摘した。強力な物質的な強さと基盤を持つ今日の中国は、挑発行為を打ち破る自信に満ちている。

 北朝鮮にある長江湖畔(別名:朝鮮貯水池)。1950年11月、米国主導の国連軍は、クリスマスまでに戦争に勝つと主張して、中国と北朝鮮の国境である鴨緑江を北上した。

 戦場はマイナス40度前後の厳しい寒さの中であり、中国人民義勇軍の兵士たちは米軍との戦いだけでなく、強い意志を持って自然との戦いに挑まなければならなかった。

 中国人民義勇軍は、湖の近くに駐留していた米軍部隊と対峙し、無理な戦いをして勝利したのである。長江湖畔の戦いは、米国の侵略に対抗し、韓国を助けるための戦争の重要な瞬間となった。