エントランスへはここをクリック       総合メニュー へ

日本と中国の歴史をひも解くシリーズ

外国人の友人は「南京安全区」を設立、
25万人の中国の難民を保護

 
原題:1937年的今天,这些外国友人建立
南京安全区庇护25万中国难民

荔枝视频/JSTV.com 2019-11-22

中国語翻訳:青山貞一(東京都市大学名誉教授)
独立系メディア E-wave Tokyo 2021年11月5日
 

南京安全区を設立し南京の中国人を保護した国際委員会委員

総合メニューへ
本文

 1937年のこの日、ジョン・ラーベ、ジョン・マギー、ミニー・ヴォートリンといった外国人が、パニックに陥った南京で25万人の中国人難民を保護するために「南京安全区」を設立した。

出典:青山貞一、「南京大虐殺」その背景と経過をNHKスペシャルより探る

 彼らは南京大虐殺の惨状の目撃者であり、南京に残った中国人難民を助けるために最善を尽くし、歴史の暗黒時代を記録した。 大部分の中国人はこれらの外国人について知っているが、彼らが最終的にどんな運命をたどったかを理解している人はほとんどいない。彼らの多くはエネルギーを捧げ、健康を犠牲にし、自殺さえした。これらの外国の英雄たちもまた、南京大虐殺の余波の犠牲者であった。

 「南京大虐殺」から「第二次世界大戦の忘れられた大惨事」へ


ジョン・ラーベ 南京安全区国際委員会委員長

 ドイツに呼び戻される前に、ジョン・ラーベは南京の中国人に、帰国したら日本の残虐行為を明るみに出し、ヘルマン・ゲーリング、さらにはヒトラーとの面会を求めることを約束していた。

 ラーベが帰国する前、中国人医師がラーベに「中国人は平和を愛する民族であり、他の国との共存を望んでいることをドイツ人に伝えてほしい」と頼んだ。

 1938年2月、マギーが撮影した南京の残虐行為のコピー一式を持って旅立った後、ラーベは消息を絶った。

 実際、ラーベは中国人との約束を守り、日本軍が南京で行った恐ろしい残虐行為をドイツ当局に伝え、1938年6月8日には、南京大虐殺の映画のコピーと印刷された報告書を同封した手紙をヒトラーに送っている。

 数日後、ナチスドイツのゲシュタポの警官2人がラーベの家にやってきて、彼を逮捕した。

 ラーベはゲシュタポ本部で数時間の尋問を受け、雇用主が二度と日本について公言しないことを保証して初めて釈放された。 ゲシュタポはラーベに、南京大虐殺というテーマで二度と話したり、書いたりしないよう警告し、アメリカ人のマギーの映画のコピーを没収した。

 第二次世界大戦中に自宅マンションが爆撃され、戦後は家族が困窮したため、ラーベはシーメンス社で散発的に働き、いくつかの手紙を英訳したが、わずかな収入では家族を養うことはできなかった。 また、ラーベはナチス党員として糾弾され、長引く「脱ナチス」訴訟に引きずり込まれ、貯金も体力も使い果たしてしまった。

 狭い部屋に詰め込まれて飢えていたラーベは、大豆やパン、石鹸を買うために、愛用していた中国の美術品をアメリカ軍に一枚一枚売っていかなければならなかった。

 栄養失調で皮膚病になり、精神的な苦痛で健康を害した。

 ラーベは生前、中国での仕事の経験を文書で残していた。南京大虐殺に関する2000ページ以上に及ぶ彼の丁寧な文書は印刷、分類、製本された、図解の文書である。

  ドイツ人実業家のジョン・ラーベは、1937年に南京安全区国際委員会の委員長に選ばれた。 ラーベは、ナチスの身分を利用して600人以上の中国人難民を自分の家に受け入れ、自分の責任で4平方キロメートル弱の安全地帯で、部下の外国人十数人と一緒に日本軍と戦い、日本領事館との交渉や抗議を繰り返し、日本軍の無謀な侵略や虐殺を防いだ。

 ジョン・ラーベは25万人の中国人の命を救い、人類の真実と尊厳を守った。 小番橋1番地に借りていた中庭で、500件以上の日本の残虐行為を記録した有名な「ラーベの日記」を書き、委員を率いて国際援助を求め、資金を集め、食料や医薬品を購入し、何よりも飢えの蔓延を防ぐことができる空豆を上海からわざわざ取り寄せたのである。 難民たちは彼を生きた菩薩として崇めた。


ジョージ・フィッチ(George Fitch )南京安全区国際委員会事務局長

 安全地帯の責任者の中には、何年も精神的な拷問を受けた人もいた。

 ジョージ・フェイジの娘であるエディス・フェイジ・スロープは、南京での日本軍の残虐行為が父の心に大きな傷を与え、そのテーマで講演すると突然完全な記憶喪失に陥ることが多かったと語っている。

 これは、フェッツィーが日中戦争に関する講演を行った際に、少なくとも2回あった。

 ジョージ・フェイジは、アメリカ人 南京安全区国際委員会の事務局長である。 彼はジョン・マギー牧師が撮影した南京大虐殺の実写フィルムをオーバーコートの裏地に縫い付けて、身の危険を冒して南京を離れる前に持ち出した。


Robert Wilson ロバート・ウィルソン(金陵大学病院外科医)

 金陵大学付属病院の外科医であるロバート・ウィルソンもまた、南京大虐殺の経験から健康面での代償を払うことになった。

 他の安全地帯国際委員会の医師たちは、仕事のペースを意識して、週に一度は上海に行って睡眠時間を確保していたが、ウィルソンはそれをものともせずに仕事を続けていたと、未亡人は振り返る。

 日中は手術で体力を消耗し、夜になると日本兵に邪魔されて休めず、時には強姦事件の阻止のために家を飛び出したこともあったという。

 ウィルソンはその後、アドレナリンに完全に依存して日々を過ごしていたようだ。

 やがて体が限界を迎えた。

 1940年、突然の発作、さらには神経衰弱に見舞われたウィルソンは、アメリカに帰国し、カリフォルニア州サンタバーバラで1年間の静養を余儀なくされた。 彼は中国に戻ることなく、緊張状態から回復することもなかった。 アメリカでは、ウィルソンは慢性的なてんかんと悪夢に悩まされていただけでなく、朝になると目がかすむという問題も抱えていました。

 南京のアメリカ人宣教師の家庭に生まれたロバート・ウィルソンは、南京を自分の故郷と考えていた。 1937年に日本軍が南京を占領した際、ウィルソン博士はここに留まることを選び、その過程で数え切れないほどの中国人を保護、救出した。 ウィルソンは「青い目の南京の男」と呼ばれていた。


ミニー・ヴォートリン(金陵女子大学の難民シェルターの責任者)

 ミニー・ヴォートリンは、命をかけてその代償を払った。 南京大虐殺は、当時の他の避難所のリーダーや難民の誰もが予想できなかったほどのトラウマを彼女に与えた。

 神話となった伝説の裏には、日本の残虐行為に日々さらされ、精神的にも肉体的にも傷ついて立ち直れない、もろくて疲れ切った女性の姿があったことを知る人は少ない。 1940年4月14日に書かれた彼女の最後の日記には、当時の彼女の心理状態が表れている。

 エネルギーが尽きそうで、前に進めず、仕事の計画も立てられず、目の前の処理すべきことがすべて障害になっていたようだ。 すぐにでもサバティカル(休暇)を取りたいところだが、誰がラボコースの心配をしてくれるであろうか。

 その2週間後、彼女は神経衰弱に陥った。

 彼女の日記の最後のページの下には、誰かが書いたと思われる文章がある。

 1940年5月、ミニー・ヴォートリンは体調を崩し、アメリカに帰国することになった。

 姪の話によると、ミニー・ヴォートリンは同僚から治療のためにアメリカに送り返されたが、太平洋を渡る旅の途中で何度も自殺を試みたという。 同行していた友人は、彼女が海に身を投げようとするのをほとんど止められなかった。

 アメリカに渡ったミニー・ヴォートリンは、アイオワ州の精神病院に送られ、痛みを伴う電気ショック療法を受けた。 除隊後、ミニー・ヴォートリンはインディアナポリスのユナイテッド・クリスチャン・ミッションで働き続けた。 ミシガン州のシェパードにいる家族が彼女を訪ねたいと言ってきたが、彼女は「すぐに会い戻ってくる」と書いたが、実際は家族とあっていない。

 ミニー・ヴォートリンはその2週間後に亡くなり、南京を離れてから1年後の1941年5月14日、ミニー・ヴォートリンは自宅で窓やドアの隙間にテープを張り、ガスをつけて自殺した。

 アメリカ人宣教師のミニー・ヴォートリンは、中国語では「華君」と呼ばれていた。

 金陵女子大学の難民キャンプでは、母鶏が雛を守るように、無数の女性を日本の屈辱から守った。 死の床で彼女は、「もしもう一度できるなら、やはり中国のために尽くしたい、中国は私の故郷だから」と言った。 彼女の墓石の最も目立つ部分には、「金陵永勝」という4つの漢字が刻まれている。

 外国人の英雄たちが南京にしてくれたことに感謝し、南京は決して忘れない。


総合メニューへ