エントランスへはここをクリック   中央アジア・シルクロード  【世界紀行】

日本と中国の歴史をひも解くシリーズ

平頂山の悲劇 (遼寧省撫順、中国)
来原:平顶山惨案 新華社/百度百科

翻訳:青山貞一(東京都市大学名誉教授)
 独立系メディア E-wave Tokyo 2021年10月8日

 

出典:平顶山惨案 百度百科

本文

 平頂山の悲劇は、九月一八日の事件後、侵略してきた日本軍が中国で最初に行った無辜の市民の虐殺である。

 九・一八事件の後、日本軍は中国東北部を占領し、中国政府は東北三省から軍を撤退させたが、民間の抗日義勇軍は日本軍に抵抗し続けた。 1932年9月15日、第四次、第十一次抗日救国軍は撫順を攻撃し、日本軍に大きな損害を与えた。

 日本軍は報復として、1932年9月16日に里家口村と平頂山村の3,000人以上の村人を撫順炭鉱の近くに集中させた後、大虐殺を行い、その後、知らせを受けて逃げてきた銭津堡村の住民24人を追い詰めて殺害した。

中国名 平頂山の悲劇 実行者 侵入してきた日本軍 場所 平頂山村(撫順) 時期 1932年9月16日 死者数 3,000人以上 生存者数 45人 日本軍指揮官 井上喜義

悲劇の図

 1932年9月15日の中秋節の夜、梁樹福率いる遼寧人民抗日自衛軍は、平頂山村を経由して撫順を攻撃し、平頂山で日本軍の倉庫、工場、警察署、事務所などを焼き、その後、東港、湖台、楊梅宝、東郷、姑娘子へと移動した。

 途中、ヤンバイブルクの日本人集炭所を襲い、所長を処刑し、自衛官の平島義作ら7、8人の日本人を殺害し、集炭所に火をつけた。 撫順の日本軍は罪のない民間人に復讐するしかなく、抗日軍が撫順郊外の平頂山村を通過し、誰も通報しなかったことから、日本の撫順守備隊は住民を「協力者」と判断し、虐殺して復讐することにした。

大虐殺

 1932年9月16日の朝、日本軍憲兵隊撫順分遣隊長の小川一郎と守備隊中尉の井上清は、報復のために多数の日本兵を率いて平頂山村を攻撃した。 日本軍は、まず東西の2つの大きな丘を制圧して町全体を包囲し、写真撮影を口実に平頂山村の南側の窪地に人々や鉱夫を銃剣で押し込んだ。

 北は金網、西は切り立った崖、東は赤い布で覆われた6つの物体で囲まれていたが、午後1時頃、突然その赤い布が剥がされ、6つの機関銃が現れた。 号令とともに機関銃が群衆に向けて乱射されると、一気に血が流れ、肉弾戦が繰り広げられ、悲鳴や叫び声が次々と聞こえてきました。

 生きている者は必死になって駆け出したが、南側には日本軍が要塞化している隙間が一つしかなく、生き残った者はほとんど出られなかった。 ある女性は、胸に突き刺さった銃剣を体に入れたまま、両手で握りしめて座り込んだ。

 処刑人は彼女を地面に蹴りつけ、銃剣を引き抜き、彼女の10本の指は地面に切り落とされた。 彼女は死ぬまで怒りの目で死刑執行人を見つめていた。 平頂山村では3,000人以上の生身の同胞が血の海に倒れていた。 それと同時に、日本兵は平頂山の住民の家すべてにガソリンをかけて火をつけ、平頂山全体を炎上させた。

 機関銃の撃ち合いが終わると、屠殺場全体に死体が散らばり、血の川が流れていた。 日本軍が撤退しようとしていた時、死んでいない者が必死になって駆け出してきた。 日本兵は、まだ生きている人がいることを知ると、車から飛び出して、一人ずつ銃剣を手に取り、北から南へと刺していきました。

 死者を刺せば「カチッ」と音がするだけで何の反応もなく、生者を刺せば悲惨な悲鳴を上げる。 2回目の虐殺は、日が沈む寸前まで続き、芝生全体が血で赤く染まり、血の海となった。 塩分を含んだ生臭い血の匂いが、機銃掃射の煙と混じって、夜風に乗って鼻孔を通り抜けていき、それがよりいっそう切実なものになっていた。 虐殺は3時間に及び、夕方には終了した。 平頂山の旧村には、老君を祀る寺院が残っているだけである。

犯罪の隠蔽

 虐殺の翌日、日本軍は朝鮮人浪人を雇って平頂山村に行き、死体を鉤で崖の下にバリケードしてガソリンをかけて燃やし、爆薬で崖を爆破して犯行の証拠を埋めたという。 虐殺の証拠を隠すために写真を撮っていた。

 同じ頃、井上清一は自ら撫順県庁に出向き、瀋陽の国際連盟調査団の記者に口止め料として5万元を借りていた。 その後、日本軍は平頂山の大虐殺で生き残った人々を引き取ることは許されない、引き取らない者は「協力者」とみなし、その家族全員を処刑する、と郡全体に通達したのだ。


来原:新華社

平頂山大虐殺の犯人たち


 虐殺では、平頂山村で3,000人以上の罪のない人々が殺され、そのうちの3分の2が女性と子供で、400以上の家族がほぼ全滅し、800以上の家が焼かれ、100人以上が生き残ったが、そのほとんどが傷で死に、40人か50人が生き残った。

評価の声

 平頂山の悲劇は、9月18日以降の日本のファシストによる平和な住民の大量殺戮の始まりであり、日本軍による全住民の殺戮、焼却、略奪政策の始まりであり、ファシスト軍が大量殺戮を引き起こすことができる兵器を使用した最初の出来事であった。

 平頂山の悲劇は、当時責任を問われることなく大量殺戮を起こせる兵器を持ったファシスト軍による民間人の大量殺戮の前例となり、その後のドイツ、イタリア、日本でのファシストの残虐行為の「モデル」となったのだ。

 ファシストによる民間人の大量殺戮は、平頂山の悲劇から始まった。 平頂山の悲劇の現場は、日本のファシストが人類社会の発展における道徳的良心の最低ラインを破り、国際公法、正義、人間の正義の規範に完全に違反した典型的な遺物であり、世界の平和を維持し、侵略戦争に反対するための教育拠点でもある。

 平頂山で殺害された同胞や生存者のための正義は、正義と不正義、人道と反人道、人権を守るか踏みにじるかの戦いであり、世界中の平和を愛する人々が見守っている。

生存者の記憶 声

 1932年9月16日に起きた平頂山の悲劇は、九・一八事件以来の日本軍による中国での無辜の民の大量殺戮であった。 遼寧省撫順市の南部にある平頂山村は、悲劇の後にはもう存在しない。

 村にいた3万人の男女と子供たちのうち、現在生き残っているのは、楊宝山、方蘇龍、楊玉芬、田力信、王秋梅、周茂欽の6人である。 そのうちの1人である莫德勝は2005年5月23日に亡くなり、方蘇龍は2015年7月3日に87歳で昆明の自宅で亡くなった。

楊宝山の思い出

 楊宝山老師は、1932年9月15日は中秋節だったと回想している。 その夜、彼は外で「殺せ、殺せ、殺せ」という叫び声を聞き、それは夜中まで止まなかった。 翌日、"大ダガー "が日本人の店を焼き払ったという話を聞いた。

 日本人が中国人を虐げていて、鉱山労働者は日本人のために働いて1日30セントをもらっていたという。 このニュースを聞いた人々は、手を叩いて「いい焼け具合だ」と言ってくれた。

 日本側は、平頂山の村人たちが抗日軍の存在を日本側に報告するのが間に合わず、「山賊と協力している疑いがある」と考え、大規模な報復を行うことにしたのだ。

 虐殺の後、地面にうめき声が残っている限り、日本兵は行って撃ち殺し、さらに銃剣で刺していった。 楊宝山は「日本軍は北の端から南の端まで行って、生死を問わず一人一人に銃剣を突き刺し、私のところに来た時には、母を銃剣で摘んで背中に刺しましたが、私は動きませんでした。 日本人は何度も私の上を歩き、頭を踏んでいたが、私はあえて動こうとしなかった。

Mo Desheng爺さんの思い出

 1932年、私がまだ8歳だった頃、私の家族は平頂山村に4人家族で住んでいました。 中秋節2日目の朝9時、私たち子供たちは平頂山西漢に駆けつけたが、道路上には鋼鉄製のヘルメットをかぶり、銃剣を光らせた日本兵を乗せた車が何台も走っていた。 急いで家に帰って、姉に「いや、鬼兵隊が来る。 母は "外に出てはいけない "と言いた。

 「昼過ぎに鬼畜兵3人が家に押し入り、ドアを蹴破って入ってきた。 日本兵は「グッズを全部出してくれれば守ってやる」と言って、半端な中国語で私たち家族を追い出した。 父は「ここは私の家だ、私は帰らない」と言った。

 悪魔たちは銃を持ち、彼に銃弾を浴びせた。 3歳の妹を抱いた母と、私の手を握った父は、家から追い出された。 路上には泣き叫ぶお年寄りがいっぱいいて、みんな村外れのミルクハウスの南側の草むらに追いやられていた。"

 2回の機銃掃射の後、日本軍は誰かが死んでいないかと心配し、3回目には銃剣で一人ずつ確認するまでになったりました。

 "突然、誰かが大声で「外国人が家を燃やしている!」と叫んだ。 人々が振り向くと、平頂山は煙に包まれ、大火事になっていた。" 楊宝山は73年前の光景を鮮明に覚えている。"母はあの方向を見て、私たちの家が燃えていると言って、そのあと泣いていた。" ......。

 昼過ぎになると、人々はほとんど屠殺場に押し込められ、日本の守備隊は四方から必死になって中央に向かって人を圧縮しようとしていた。 莫德勝は「この時、幽霊将校の銃剣が振り上げられ、周囲の機関銃がすぐに悲鳴を上げ、銃声とともに群衆が列をなして地面に倒れた」と回想している。

 私の前に綿の薄いズボンを履いている人がいたのですが、足を打った時に綿がまだ煙っていて、しばらく動かなかったんです。 あまりの怖さに髪の毛が逆立ってしまった ......"

 誰かが「悪魔に無駄に殺されてたまるか!」と叫んだ。 南東への叫び声が大きく、立ち上がって駆け出す人もいて、銃声はこの場所に集中した。 その後、叫び声は次第に小さくなり、何人かの人が駆け出したかどうかは分からない。

 「負傷していない者が立ち上がって逃げようとすると、今度は低い弾数の2回目の機関銃掃射があり、死なない者がいることを恐れた悪魔たちは、彼らに群がり、列から列へ、銃剣から銃剣へと入っていった」。

 「母を覆っていた掛け布団を持ち上げると、母と妹が血まみれになっていて、『ママ、ママ、ママ!』と叫んでいました」とMo Deshengは語った。 大声を出しても、押しても起きてこない。 祖父や祖母も亡くなっていて、私はどうしていいかわからない木偶の坊のような状態でした。 誰かが「逃げろ、日本軍が戻ってくるぞ」と叫んでいるのが聞こえた。 最後に親戚を見送って、ソルガム畑に潜り込んだ。"

老いた牙駿の思い出

 現在、昆明に住むもう一人の生存者、ファン・スローンさんは、平頂山に戻ることを恐れている。 彼女は、"何年経ってもずっと悪夢を見る "と言う。

 この年、牙城はまだ4歳で、さらに年下の弟が2人いた。 「銃声がしたとき、おじいさんが一気に私を押さえつけた。 目が覚めたときの最初の印象は、日本兵が血を踏みつけ、革靴が血の中で「ギシギシ、ギシギシ」と音を立てていることだった。 弟はまだ地面に這いつくばっていて、「マミー、マミー、!」と叫んでいた。 と言って、日本兵に銃剣で刺されて放り出され、弟はそれっきりになっていた。

 日本兵が去った後、誰かが「死んでいなければ走れ、悪魔がガソリンを引っ張ってくるぞ」と叫ぶのを聞いた。 最初の時は、立ち上がる勇気がなく、3回叫んでから、あえて上や周りを見るようにしました」とYang Baoshan氏。

 私が立ち上がったのは、本当に幽霊がいなくなったのを確認してからでした。 私は父を引っ張ろうとしましたが、父は私をじっと見つめたままどうしても立ち上がらず、手を振っても立ち上がらず、引っ張っても引っ張れず、手を噛んでもまだ動かなかったので、地面に倒れ込んで泣きました」と語った。

梁山泊の思い出

 楊さんの回想によると、9月16日午前11時、日本軍が車で静かな平頂山に到着し、住民に「写真を撮るから家を出ろ」「行かなければその場で殺す」と強要した。

 人々が丘の上に追いやられたとき、悪魔たちは「じっとしていなさい、写真を撮りますよ」と言った。 そして、彼らは銃を乱射した。 4歳の娘、ヤン・ユーインを抱いていた時、銃弾は私の左腕を通過し、私は倒れてしまいた。

 私は死んだふりをして、妻と子供と義理の姉が殺され、その体が私に押し付けられるのを見ていました。 虐殺は1時間ほど続き、悪魔たちが帰ろうとしたとき、まだ生き残っている人がいるのを見て、傷を負っていても骨折していない人たちを再び銃剣で刺した。

 銃剣は私の腰を通過したが、幸いにも急所には当たらなかった。 暗くなってきて、悪魔たちは去っていった。 この時、空には霧が立ち込め、霧雨が降っていました。 私は死体の中から必死になって二人の娘を抱き上げましたが、そこには私と妻の顧姓の腹が切り開かれ、7ヶ月と8ヶ月の赤ん坊とその大腸が地面に流れていた。

 私の背中には4歳の娘の玉英が、手には7歳の娘の玉楓が乗っていて、顔には血が流れ、目からは涙が溢れていた。 二人の女の子も『ママ!』と呼んで泣いていました。 マミー!』。 .... 私の家族は24人いたが、この悲劇で18人が亡くなり、6人が残った。

生存者の後悔

 平頂山の悲劇の首謀者であり指揮者であった井上誠一大尉は、日本の降伏前に帰国し、1946年にシアン酸アルミニウムカリウムを摂取して自殺したが、それに相応しい制裁を受けることはなかった。

 井上誠一中尉は、虐殺の現場でコンバットナイフを振り上げて発砲を指示しているのを目撃された日本人将校で、1969年に大阪で長い闘病生活の末に亡くなりました。

 1996年、楊宝山、莫德勝、方蘇龍の3名は原告として日本政府を訴え、日本政府が中国を侵略した日本軍の罪を認め、被害者に感謝し、賠償金を支払うことを求めた。 楊宝山は「あれから9年、5、6回は日本に行ったが、何度も敗訴している。

 2002年6月、東京地裁は一審判決を下し、「平頂山の悲劇」の事実を認定したが、訴訟を棄却した。

 2005年5月13日、東京高等裁判所は、第一審判決を支持し、中国の原告が日本政府に罪を認めて賠償金を支払うよう求めたことを却下する第二審判決を下しました。

その後の展開

悲劇的な事件で権利を守るための長い道のり


 事件後、撫順周辺の中国人労働者は震え上がり、大量に撫順を離れていった。1932年11月24日、国際連盟の中国政府代表である顧維鈞は、掃討作戦の中で日本側の戦争責任の問題を提起したが、国際情勢は何の成果も得られなかった。

 犠牲者の数 中国側は、発掘された遺体の数から、犠牲者の数を約3,000人としています。撫順守備隊の井上清一中尉の親族である田辺俊夫は、自伝の中で、虐殺に参加した兵士の証言をもとに、当時の平頂山周辺の人口が1400人であったことから、犠牲者の数は600人程度ではないかとし、400~800人としている。

 国際連盟安全保障理事会の記録では、中国側の死者700名、重傷者6~70名、軽傷者130名となっている。1971年、中国政府は虐殺のあった場所を発掘し、犠牲者を再埋葬し、記念碑を建てました。生存者は、日本政府の謝罪と賠償を求めて日本の裁判所に訴えましたが、効果はありませんでした。

 2009年5月5日、相原久美子は、日本の国会議員24名を代表して、平頂山の悲劇の生存者に謝罪するため、東京から中国に向かった。 日本の衆議院議員10名と参議院議員14名が署名したこの書簡は、平頂山の悲劇の生存者への謝罪にかなりのスペースを割いていた。

 3,000人の魂の不満を解消するために10年以上にわたって追求されてきた「平頂山の悲劇」の訴訟は、国民の怒りを晴らす形でようやく終結しました。

 1996年、この悲劇の生存者たちは、日本政府に補償と謝罪を求める訴訟を日本の裁判所に起こした。 日本の裁判所は、悲劇の事実を認めたものの、その主張を退けた。

 16日の朝、遼寧省撫順市では、各界から1,000人以上の人々が集まり、82年前に日本軍の殺戮の下で亡くなった3,000人以上の同胞に敬意を表した。

 日本の人々は6日、東京で「平頂山の悲劇」の記念集会を開き、日本政府に悲劇の事実を認め、犠牲者や生存者、その家族に感謝することを求めた[2]。

平頂山惨事記念館


来原:新華社


来原:新華社


来原:新華社

平頂山悲劇紀念館は、撫順市から南に約4キロ離れた東州区平頂山街の南昌路17号にあり、 第二次世界大戦中に日本帝国主義者が中国の民間人を虐殺した場所として、中国で最もよく保存されている場所である。

 1932年9月15日(旧暦8月15日、中秋節)の夜、平頂山村を通過した遼東抗日自衛隊によって「楊白砲台炭焼きハウス」などが攻撃された。 1932年9月15日(旧暦8月15日)の夜、平頂山村を通過した遼東抗日自衛隊によって「楊白砦炭焼き小屋」などが襲撃され、日本軍は平頂山村民が「賊軍」として通報しなかったことを口実に、翌日、守備隊と憲兵隊で平頂山村を包囲した。

 日本軍はまず村を機銃掃射し、次に銃剣で妊婦の子宮から胎児を摘出した。 犯行を隠蔽するために、遺体をガソリンで焼いて山に火をつけ、殉職者の骨を山の下に埋め、村の800軒以上の家に火をつけて壊滅させ、中国内外に衝撃を与えた「平頂山の悲劇」を生み出したのである。

 1951年3月、撫順市人民政府は1932年の「悲劇」で亡くなった同胞を追悼するために、悲劇の旧跡に「平頂山殉国同胞記念館」を設立し、1971年には「平頂山殉国同胞骨博物館」を建設し、遺跡から出土した800セット以上の殉国同胞の骨と一部の遺物を展示しています。

 1988年1月31日、国務院は「平頂山の悲劇」遺跡を国家重点文物保護単位に指定し、旧「平頂山殉国同胞骨博物館」を「平頂山悲劇遺跡記念館」に改称した。 ". 「1973年に正式に開館して以来、記念館は愛国心と革命の伝統について人々を教育する重要な場所となっている。


ギャラリー


来原:新華社