エントランスへはここをクリック   

日本と中国の歴史をひも解くシリーズ

廠窖事件 (工場地下室の悲劇)
(湖南省南県、中国) 百度百科

翻訳:青山貞一(東京都市大学名誉教授)
 独立系メディア E-wave Tokyo 2021年10月8日

 

日本軍により廠窖事件で亡くなった同胞3万人
出典:百度百科


 注)原題の「廠窖事件」の「廠」は工場を、「窖」は地下室を意味している。

廠窖虐殺事件の概要

 中国を侵略した日本軍が1943年5月9~11日に湖南省南県廠窖で起こした虐殺事件。中国側の調査によると、南北10キロ、東西5キロの50平方キロの範囲を中心に3万人以上が死亡。当時、日本軍は長江(揚子江)の水運を確保するための江南せん滅作戦を展開。湖北省南部から湖南省北部の国民党軍をせん滅する過程で、民間人も無差別に虐殺したとみられている。


本文

 廠窖事件の悲劇とは、第二次世界大戦中、湖南省南県の工場蔵の町で日本軍が民間人を虐殺した悲劇のことを意味する。

  1943年5月9日から12日にかけて3日間、日本軍はこの町で罪のない人々を大量に虐殺し、中国侵略に次ぐ大きな悲劇を生み出した。たった3日間で3万人以上の同胞が殺され、1日に1万人以上が殺され、第二次世界大戦中のファシストによる1日の殺害数の最高記録となった。


廠窖事件の場所
出典:グーグルマップ

 愛国心を促進し、宜陽南県の工場地下室の悲劇の影響力を高め、教育機能を警告し、工場地下室の悲劇記念館の完成とオープンに結びつけるために、湖南小向映画集団公司、中共南県委員会、県人民政府は共同で映画「工場地下室の悲劇」を制作し、2009年11月3日午前、南県芳果橋横の葦原で盛大な開会式を開催した。

 廠窖事件の悲劇」は、1943年5月9日から12日にかけて、湖南省南県の工場町で起きた、侵略してきた日本軍が原因の事件である。


廠窖事件悲劇祈念館 
出典:百度百科

 湖南省南県にある廠窖事件があった工場蔵の町は、洞庭湖の北西岸に位置し、三方が水に面し、半島のような形をしている。 洞庭湖西北部の水路の要所であり、兵士たちの必見の場所となっている。

 1943年、日本軍は宜昌から武漢までの長江ルートを開通させ、中国の穀倉地帯を奪い、中国政府を降伏させるために、5月5日から6月10日まで「江南殲滅戦」を展開した。 江南殲滅戦は、国民党の第73軍と第44軍を殲滅することを主眼に、3つのフェーズに分けて行われた。


工場の地下室の悲劇で亡くなった同胞のための慰霊碑
出典:百度百科



地下室の悲劇の犠牲者のための記念碑の全景写真
出典:REDNT.NET 百度百科


 日本軍が「江南殲滅戦」を開始した後、湖の北側からいくつかの部隊に分かれて湖南に侵攻し、蓮根池周辺、獅子頭、華龍、岳陽などから陸路と水路で安祥、南仙に至るまで、日本軍は湖南を侵略したのである。

 これに空からの砲撃が加わり、最終的には工場の地下室で閉鎖循環空間(クローズド・サークル)を形成していた。 その頃、華融、南鮮、安祥に駐留していた国民党第73軍の主力部隊(1万人以上)は、日本軍の包囲網から逃れるために、退却して昌徳を渡る準備をするよう命じられていた。

 また、この半島には、一部の公務員や学校の教師、学生を含む湘江省からの避難民と、2万人以上の地元住民が住んでおり、合計で5万人以上の兵士と民間人が方丈庵に集まっていた。 そうこうしているうちに、軍と民の区別がつかなくなり、難民が潮のように押し寄せ、鶏は飛び、犬は慌てふためき、混沌とした状態になってしまった。

 5月9日から12日までの3日間、日本軍は中国の兵士や民間人を3万人以上殺し、3,000人以上を負傷させ、2,000人以上の女性を強姦し、3,000棟以上の家屋を焼き、2,500隻以上の船を沈めて燃やし、中国と海外に衝撃を与えたのである。

 近年、町の党委員会と町政府は、工場の地下室の悲劇の犠牲者のために記念碑と記念館を建て、「工場の地下室の悲劇の血塗られた歴史」を組織して印刷し、風車の角や永谷村などの5000個の穴を発掘し、テレビ映画「工場の地下室の悲劇の追跡」と「工場の地下室の今日」を撮影した。 また、町の党委員会と町政府は、5月8日を町全体の愛国教育の日とすることを決定した。


祈念館の平面図
出典:百度百科


 工場の地下室の悲劇で亡くなった同胞のためのモニュメントは、高さ19.43メートル、台座の高さは5.9メートル。 碑の高さと台座は、同胞に、日本の盗賊が工場の地下室で凶悪な犯罪を犯した日(1943年5月9日)を常に思い起こさせる。

 工場の地下室の悲劇で亡くなった同胞のための記念館は、記念碑の隣に建てられ、赤い壁と緑のタイルでできた2階建ての建物となっている。 記念館には、日本の侵略者が同胞を虐殺した際に使用した刀、銃剣、銃、爆弾、殺害された同胞の骨、虐殺に関する新聞記事などが展示されている。 アイテムや写真の一つ一つが、悲惨な大虐殺を再現している。

 1943年5月9日の早朝、数百人の日本兵が永国館を急襲し、同胞を各地の野原に縛り付け、東洋の刀で切り刻み、銃口を突きつけた。 日本軍が撤退した後、生存者は穴を掘って1,000人以上の死者を埋葬した。 現在、この一帯は「千人穴」と呼ばれている。

 16人の日本人長老が南鮮に行き、工場の地下室の悲劇を証言し、日本に持ち帰った
2014年4月6日の清明節の前夜、日本人のお年寄り16人が南鮮県の「工場地下室の悲劇」の碑の前で追悼した。

 花輪1個、白菊16本、1分間の黙祷です。 工場の地下室の悲劇の生存者と交流し、証言を集め、1943年5月の工場の地下室の悲劇の「暗黒の3日間」の歴史的詳細を学びました。 また、2013年5月19日の工場地下室の悲劇から70周年を迎えた本紙の特集は、「For Peace」展の一環として日本に持ち帰られ、歴史的真実を証言することになります。[1-2]

血の貯水池


工場の地下室フの悲劇で亡くなった同胞のためのメモリアルホールに
展示されている、白骨の穴から出土した軍用ベルトバックル
出典:REDNET.CN 百度百科



工場の地下室フの悲劇で亡くなった同胞のためのメモリアルホールに
展示されている、白骨の穴から出土した足用のブレスレット軍用
出典:REDNET.CN 百度百科


 1943年5月10日、日本軍の飛行機が爆弾を投下し、歩兵や騎兵が押し寄せ、3,000人以上の同胞が殺され、川は血で真っ赤に染まった。

 1943年5月10日の午後、ワリャンディの人々は日本軍に追われ、60人以上の避難民が陽風山の家に避難した。 日本軍は20人以上の女性を民家に追い込んで焼き払い、30人以上の男女を一人ずつ束にして銃剣で近くの池に運び、全員溺れさせた。

 ワレン堤防のそばにあるシャオの村では、27世帯129人が日本軍に殺された。 現在、人々はこの部分を「絶滅した家族の堤防」と呼んでいる。

 農民の畢成樹の子供は2歳にも満たないのに、日本軍に銃剣で拾われ、面白おかしく掲げられていた。

 農家の蕭長慶は目が悪く、日本人に道案内を頼まれても、「目が悪いから道案内はできない」と言っていた。

 工場の地下室の20数キロの川筋に塞がれていた2,000隻のボートは、ほとんどが焼失し、ボートは破壊され、川には死体があふれていた。 当時、工場の地下室は洪水の季節で、日本軍は何十カ所も堤防を掘り返し、青々とした苗木の広い範囲を水浸しにしていた。 日本の侵略者たちの獣のような行動は、とんでもなく、語りつくせないものであった。


廠窖事件現場の地下室の悲劇で亡くなった同胞のための碑文
出典:百度百科


廠窖事件現場の地下室の悲劇で亡くなった同胞のための鐘楼
出典:百度百科


 1943年の春、侵攻してきた日本軍の一部が南の洞庭湖周辺に侵入してきた。 5月8日には、西の昌徳、南の長沙に侵攻するために、3,000人以上の部隊、数十隻のモーターボート、数十機の航空機を投入し、陸・水・空を駆使して方丈地区に侵入した。

 9日から12日にかけて、日本軍は殺戮、焼畑、略奪のかぎりを実行し、3万人以上の同胞を虐殺した。 その中で、工場の地下室とその周辺に住んでいた13,000人以上の人々、海外から逃れてきた12,000人以上の同胞、国民党濱湖駐屯地の第73軍の将校と兵士5,000人以上、3,000軒以上の家が燃え、2,500艘以上の船が破壊され、数え切れないほどの食料、家畜、衣類が略奪され、中国と海外に衝撃を与えた「廠窖事件の地下室の悲劇」が生まれた。

 その頃、工場の地下室は死体で覆われ、川には血が流れ、犬や鶏は沈黙し、空は雲で沈んでいた。 この悲劇と国の不幸は、日本軍のせいだ!」と。

 43年の歳月が流れ、工場も変わった。 この記念碑は、工場の悲劇で犠牲になったすべての同胞を追悼し、外国の侵略を忘れず、愛国の精神を継承し、自らを強化し、中国を活性化することを世界に喚起するために建てられたものだ。

中国共産党南県委員会
南鮮人民政府(Nanxian People's Government