エントランスへはここをクリック   

日本と中国の歴史をひも解くシリーズ

廠窖事件(工場地下室の悲劇)から
文化遺産保存に貢献する博物館用展示
広州博信文房科技有限公司 Boxin Wenbo Technology
百度 2019-04-17

翻訳:青山貞一(東京都市大学名誉教授)
 独立系メディア E-wave Tokyo 2021年10月8日

 

工場の地下室の悲劇の跡地(写真はインターネットより

 第二次世界大戦中、侵略してきた日本軍は、1943年5月9日から12日まで、湖南省南県のザンジャオという町で、殺戮、焼却、略奪の「三光」政策を行い、毎日1万人以上の罪のない人々を殺し、第二次世界大戦中のファシストによる1日の殺害数としては最も多く、中国侵略の2番目に大きな悲劇となった。

 何千もの家が焼かれ、2,000人以上の女性がレイプされ、2歳以下の赤ん坊までもが、日本兵に銃剣を突きつけられて面白半分に拾われた。......


工場地下室の悲劇で亡くなった同胞のための記念館

 歴史を忘れず、愛国心を高め、工場の地下室の悲劇の教育と警鐘を強化するために、この悲劇的な歴史的出来事のための記念館が建設され、2010年8月15日、悲劇の舞台となった湖南省南県で、日本軍の無条件降伏65周年記念日に落成した。


工場地下室の悲劇の犠牲者のための記念館の写真

 貴重な文化遺産を保護し、その教育的価値を最大限に高めるにはどうすればよいか。 この問題を解決するために、博物館は華南地区に博物館用展示ケースの製造業者を見つけた。

 博物館のスタッフとの綿密なコミュニケーションを経て、博物館の陳列棚メーカーが設計・製造した一連の専門的な陳列棚が、工場の地下室の悲劇で亡くなった同胞のための記念館で正式に使用されることになった。

 メーカーは、プロの芸術的な企画、ディスプレイデザイン、サポート業務の完全な実施を使用している。 信頼性と実用性を満たすことを前提に、工場の地下室にある悲劇の同胞記念館のすべての展示物は、より高い水準の保存性と展示効果を備えている。


工場貯蔵庫の悲劇の犠牲者のための記念館の実際の写真

 工場の地下室の悲劇の現場は、建築面積が1600平方メートルで、レンガとコンクリートの2階建てである。 美術館の展示面積は800平方メートルで、2つの展示ホールがある。

 展示は「日本の中国侵略、血なまぐさい大虐殺、抵抗、鉄壁の証拠、警鐘を鳴らす、平和を大切にする」という6つのセクションに分かれている。 合計600点以上の写真やオブジェが展示されている。

 美術館の陳列棚は、展示の厳粛で哀愁漂う雰囲気に合わせて、グレーの濃淡、フラットで低いデザインになっており、シンプルな配置とグラフィックな素材との組み合わせで、痛ましい歴史を伝え、平和の尊さを訴えている。