エントランスへはここをクリック   

日本と中国の歴史をひも解くシリーズ

湖南省で起きた大虐殺を映画化
工場地下室の悲劇」の撮影開始
出典:red.com 著者:Zhu Qing  2009年11月04日

翻訳:青山貞一(東京都市大学名誉教授)
 独立系メディア E-wave Tokyo 2021年10月8日

 
 
湖南省で起きた大虐殺を映像化するため、「The Factory Tragedy」の撮影を開始
伏兵のリャオ・サンミンことワン・イーが「工場の地下室の悲劇」で主演。


  11月4日(レポーター朱青インターン周哲)愛国心の精神を促進するために、宜陽南県の工場の地下室の悲劇の影響と警告教育機能を強化するため、同時に工場の地下室の悲劇記念館の落成式の広報活動に協力するために、湖南省Xiaoxiang映画グループ会社、中国共産党南県委員会、県人民政府、華安保険会社の共同制作の映画 「工場の地下室の悲劇」は、11月3日の朝に南県芳果橋にある。 南鮮県の芳果橋横のヨシ原で、盛大な開会式が行われた。



  工場地下室の悲劇とは、抗日戦争中に、日本の軍国主義者たちが宜陽市南仙県の工場の地下室で行った南京の悲劇に次ぐ大虐殺である。

  その流血はあまりにも凄まじく、中国や海外に衝撃を与えた。 「工場の悲劇」の教育・警告機能を高めるために、小向映画集団公司、中共南賢県委員会、県人民政府、華安保険会社が共同で制作した「工場の悲劇」は、「太行山脈」などのメロドラマを監督した陳健が監督し、若手俳優の李東漢、王毅、胡相が出演している。

  投資額は600万元(約1億円)の見込みで、脚本はワン・イーフェイの「工場の悲劇」の脚本をベースにしていると言われている。 来年の5月、工場の地下室の悲劇の記念館が完成した時に発売される予定である。

出典:red.com 著者:Zhu Qing