エントランスへはここをクリック   

ミルテイン・ミランコビッチの生涯

Milutin Milankovitch(1879~1958)
原典:English Wikipedia


日本語訳:青山貞一 東京都市大学名誉教授
一次訳:2020年12月21日
推敲後公表日:2021年6月16日 無断転載禁
ミランコヴィッチDataBaseメニューへ戻る(現状未接続)

 
本稿は青山貞一が2020年秋から2021年春にかけ英語、ドイツ語、ロシア語、ラトヴィア語などから日本語に翻訳したミルティン・ミランコヴィッチ関連論文、論考、資料約350本のうちのひとつあり、ミルティン・ミランコヴィッチの生涯を解説しています。


ミルテイン・ミランコビッチの生涯
Milutin Milankovitch(1879~1958) English Wikipedia 


ミルテイン・ミランコビッチ
Milutin Milankovitch(1879~1958)

 ミルティン・ミランコヴィッチ(セルビア語キリル文字: Милутин Миланковић [milǔtin milǎːnkoʋitɕ]; 1879年5月28日 - 1958年12月12日)は、セルビアの数学者、天文学者、気候学者、地球物理学者、土木技師、科学の普及者である。

 ミランコビッチは、世界の科学に2つの基本的な貢献をした。

 1つ目は、太陽系のすべての惑星の気候を特徴づける「地球の日射量のカノン」である。2つ目の貢献は、
太陽に対する地球の位置の変化によって引き起こされる地球の長期的な気候変動を説明(注:これは後にミランコヴィッチ・サイクルと呼ばれる)したことである。これにより、地球の地質学的過去に起こった氷河期や、将来予想される地球の気候変動を説明した。

 また、地球の大気上層部の温度や、太陽系内惑星の水星、金星、火星、月の温度条件、外惑星の大気の深さを計算し、惑星気候学を確立した。天体力学と地球科学が相互に関連していることを示し、天体力学から地球科学への一貫した移行、記述科学から厳密科学への転換を可能にした。

生涯


ミランコビッチが生まれたダルジの家
Source:Wikimedia Coomons:Public Domain, Link

 ミルティン・ミランコヴィッチは、オーストリア・ハンガリー帝国のドナウ河畔にあるダルイ村で生まれた。双子の姉と一緒に、セルビア人の家庭で7人兄弟の長男として育った。父親は商人であり、地主であり、地元の政治家であったが、ミルチンが8歳のときに亡くなった。

 父は商人であり、大地主であり、地元の政治家であったが、ミルチンが8歳のときに亡くなり、母、祖母、叔父の3人で育てられた。彼の3人の兄弟は、子供の頃に結核で亡くなっている。健康状態が不安定だったため、ミルチンは初等教育を自宅(壁のない教室)で受け、父ミランや家庭教師、哲学者や発明家、詩人として有名な多くの親戚や友人たちから学んだ。彼は近くのオシエクの中等学校に通い、1896年に卒業した。

 1896年10月、17歳の彼はウィーンに移り、ウィーン工科大学で土木工学を学び、1902年に最優秀の成績で卒業した。ミランコビッチは回想録の中で、工学の講義についてこう書いている。「チューバー教授は私たちに数学を教えていた。彼のすべての文章は厳格な論理の傑作であり、余分な言葉もなく、誤りもなかった。」

 ミランコヴィッチは卒業後、義務教育の1年間を兵役で過ごした後、叔父から借金をしてウィーン工科大学の工学部に進学した。彼はコンクリートを研究し、建築材料としてのコンクリートの理論的評価を書いた。25歳のときの博士論文は「圧力曲線の理論への貢献(Beitrag zur Theorie der Druckkurven)」と題されたもので、これを実施することで、連続的に圧力をかけたときの圧力曲線の形状や特性を評価することができ、橋やキューポラ、橋台の建設に非常に役立つものとなった[2]。 論文は1904年12月12日に成功裏に発表され、審査委員はヨハン・ブリック、ヨセフ・フィンガー、エマニュエル・チューバー、ルートヴィヒ・フォン・テトマイヤーが務めた。その後、彼はウィーンのエンジニアリング会社で働き、その知識を生かして構造物を設計した。


学生の頃のミランコヴィッチ
Source:Wikimedia Coomons: Public Domain, Link

中年

 1905年の初め、ミランコビッチは実務に就き、ウィーンのアドルフ・バロン・ピッテル・ベトンバウ・ウントゥルネームング社に入社した。彼は、オーストリア・ハンガリー各地で、ダム、橋、高架橋、水道橋などの鉄筋コンクリート製の建造物を建設した。特に、ミランコビッチがキャリアの初期に設計したトランシルバニア州セベシュの水力発電所のための鉄筋コンクリート製の水道橋は、その成果が顕著に表れている。

 ミランコヴィッチは、新しいタイプの鉄筋コンクリート製リブ付き天井の特許を取得し、「Contribution to the theory of reinforced armored pillars(鉄筋装甲柱の理論への貢献)」という装甲コンクリートに関する最初の論文を発表した。1906年には、新たな結果に基づいた2つ目の論文を発表している。1908年には「同じ対立関係にある膜について」という論文を発表し、同じ厚さの壁を持つ貯水池の理想的な形が水滴の形であることを証明した。彼の6件の特許は公式に認められ、専門家の間での彼の評判は絶大で、豊かな経済的利益をもたらした。

 ミランコビッチは、1909年10月1日にベオグラード大学の応用数学(有理論、天体力学、理論物理学)の講座のオファーを受けるまで、ウィーンで土木工学の仕事を続けていた。彼は、鉄筋コンクリートの応用に関するさまざまな問題の調査を続けていたが、基礎研究に専念することにした。

 ミランコビッチは、セルビアに移ってからも設計や建設の仕事を続けていた。1912年には、ニシュ-クニャージェヴァツ鉄道のティモック渓谷にある鉄筋橋の設計を行った。


惑星の孤独


 
ミランコビッチは、同時代の気候学者ユリウス・フォン・ハンの研究を進める中で、謎の氷河期という重大な問題に気づき、それを科学的な研究対象の一つとした。天文学的な気候変動の可能性については、まず天文学者(ジョン・ハーシェル、1792-1871年)が検討し、次に地質学者(ルイ・アガシ、1807-1873年)が提唱した。

 これと並行して、
気候変動を天文学的な力の影響で説明しようとする試みもいくつか行われた(最も包括的なものは、1860年代にジェームズ・クロールが提唱した説)。ミランコヴィッチは、氷河期の天文学的起源に関する先駆的な理論を同時代の研究者から正式に否定されたジョセフ・アデマールや、チャールズ・ダーウィンなどの同時代の研究者に受け入れられながらも事実上忘れ去られていたジェームズ・クロールの研究を行っていた[3]。

 
注)ジェームズ・クロール及び提唱した説
  これについては、本シリーズに別の解説を用意している。

 アルプス山脈における氷河期の分布に関する貴重なデータがあるにもかかわらず、気候学者や地質学者は基本的な原因を発見することができなかった、つまり、過去の時代に地球がさまざまな不溶解状態にあったことは、これらの科学の範囲外であった。しかし、ミランコビッチは彼らの道を歩み、その影響の大きさを正確に計算しようと決めたのである。ミランコビッチは、これらの複雑な問題を解決するために、球面幾何学、天体力学、理論物理学の分野に取り組んだ。


軌道離心率、傾斜角、歳差運動。
Source:Wikimedia Coomon CC0, Link

 気象学の大部分は、無数の経験的知見、主に数値データの集積に過ぎず、その一部を説明するために物理学の痕跡が使われているに過ぎない...」と気づいた彼は、1912年にこの問題に取り組み始めた。数学はさらに応用が少なく、初歩的な微積分に過ぎない。高度な数学は、その科学には何の役にも立ちませんでした...」。
彼の最初の仕事は、現在の地球の気候と、太陽の光が大気を通過した後に地球の表面の温度をどのように決定するかについての記述であった。

 1912年4月5日にベオグラードで "Contribution to the mathematical theory of climate "と題した最初の論文を発表した[4]。 次の論文は "Distribution of the sun radiation on the earth's surface "と題され、1913年6月5日に発表された[5]。
彼は日射の強さを正確に計算し、地球の気候帯を記述する数学的理論を構築した[6]。

 彼が目指したのは、惑星の熱体制と太陽の周りの動きを結びつける、数学的に正確な積分理論である。彼は次のように書いている。「...そのような理論があれば、空間だけでなく時間的にも、直接観測できる範囲を超えることができます...。
この理論は、地球の気候を再現し、その予測を可能にするだけでなく、他の惑星の気候状態に関する初めての信頼できるデータを提供してくれるだろう」。

 そして、地球の気候や地質学的な歴史を記述するために、宇宙のメカニズムの数理モデルを見つけようとした。1914年には「氷河期の天文学的理論の問題について」という論文を発表している。
しかし、宇宙のメカニズムは簡単な問題ではなく、ミランコビッチは天文学的な理論を構築するのに30年を要した。

 同じ頃、オーストリア・ハンガリー帝国とセルビアの間で7月危機が勃発し、第一次世界大戦が勃発した。1914年6月14日、ミランコヴィッチはクリスティーナ・トプゾヴィッチと結婚し、新婚旅行でオーストリア・ハンガリーの生まれ故郷であるダルイ村に行ったが、そこで開戦の知らせを聞いた。彼はセルビア人として逮捕され、ノイジードル・アム・ゼーでオーストリア・ハンガリー軍に収容された。彼は、捕虜としてエッセグ要塞に連れて行かれるのを待っていた刑務所での最初の日を次のような言葉で表現している。

 「重い鉄の扉が私の後ろで閉まりました.... 私はベッドに座り、部屋を見回して、自分の新しい社会的状況を受け入れ始めました... 私が持ってきた手荷物の中には、私の宇宙問題に関する、すでに印刷された、あるいは着手されたばかりの作品がありましたが、白紙もありました。私は自分の作品に目を通し、忠実なインクペンを手に取り、書き始め、計算した...真夜中過ぎに部屋の中を見回したとき、自分がどこにいるのかを理解するのに時間が必要だった。その小さな部屋は、私の宇宙への航海のための一晩の宿のように思えた。"

 妻はウィーンに行き、師匠であり親友でもあるエマニュエル・チューバー教授に話を聞いた。ミランコビッチ氏は、その人脈を使って、ブダペストで監禁生活を送ることができ、働く権利も得られるように手配してくれた。

 ブダペストに到着してすぐ、ミランコビッチはハンガリー科学アカデミーの図書館長コロマン・フォン・シリーと出会った。彼は数学者としてミランコビッチを熱心に受け入れ、アカデミーの図書館や中央気象研究所で邪魔されずに仕事ができるようにしてくれた[7]。彼は数学的手法を用いて、太陽系内惑星の現在の気候を研究した。

 1916年、
彼は「惑星火星の気候の調査」と題した論文を発表した[8]。ミランコヴィッチは、火星の大気下層の平均温度が-45℃、平均地表温度が-17℃であると計算した。また、彼は次のように結論づけている。「地上と大気下層の温度差が大きいことは予想外ではない。太陽輻射に対する透明度が高いため、火星の気候は地球の高度の気候に非常に似ているのだ。」  いずれにせよ、ミランコヴィッチは火星が非常に厳しい気候であることを理論的に証明した[11]。

  火星だけでなく、金星や水星の気候条件も扱っており[12]、特に隣の月の温度条件を計算したことは重要である。ミランコヴィッチは、月の1日は地球の15日に相当し、これが夜の量と長さであることを知っていた。ミランコビッチの計算によると、月の昼側の表面温度は+100.5℃に達する。また、月の早朝、つまり太陽が地平線から昇る前の温度は-58℃であると計算している。現在では、月の昼間の表面温度は+108℃、夜になると-153℃になることが知られている。

 第一次世界大戦後の1919年3月19日、ミランコビッチは家族とともにベオグラードに戻ってきた。1919年3月19日、ミランコビッチは家族とともにベオグラードに戻り、ベオグラード大学の正教授となって教授業を続けた。

 1912年から1917年にかけて、ミランコヴィッチは地球と他の惑星の気候に関する数学的理論を7つの論文にまとめて発表した。彼は、過去の再現と未来の予測を可能にする精密な
数値気候モデルを構築し、天文学的な気候理論を一般化された日射量の数学的理論として確立した。

 ミランコヴィッチは、これらの最も重要な問題が解決され、さらなる研究のための強固な基礎が築かれると、本を完成させ、1920年にパリのゴーティエ・ヴィラール社から「Théorie mathématique des phénomènes thermiques produits par la radiation solaire(太陽放射によって生じる熱現象の数学的理論)」というタイトルで出版された。1920年の出版直後から、気象学者たちはこの本が現代の気候研究に大きく貢献していると認識していた。この作品は、1924年から1952年まで、M.ミランコヴィッチとV.ミシュコヴィッチの間で交わされた手紙のやり取りのテーマとなった。[13]

 1904年のVilhelm Bjerknesと1922年のLewis Fry Richardsonの研究は、
現代の数値気象予測の基礎となっている[14]。

軌道変動と氷河期のサイクル

 氷河期を天文学的に説明するミランコビッチの研究、特に過去13万年間の日射量の曲線は、気候学者のウラジミール・ケッペンや地球物理学者のアルフレッド・ウェゲナーから支持された。ケッペンは、ミランコビッチの理論が古気候学の研究者にとって有用であることを指摘した。

 ミランコビッチは1922年9月22日にケッペンから手紙を受け取り、研究対象を13万年から60万年に拡大するように求められた。夏の日射量が気候の重要な要素であることに同意したのだ。
任意の緯度、任意の季節の日射量を計算できる数学的装置を開発した後、ミランコヴィッチは過去の地球の気候を数学的に記述する作業を始める準備ができた。

 ミランコヴィッチは100日かけて計算し、過去65万年間の北緯55度、60度、65度の地理的緯度における日射量の変化のグラフを作成した[15]。 ミランコヴィッチは、これらの緯度が地球上で熱バランスの変化に最も敏感な緯度であると考えていた。その頃、ミランコビッチの親友で地理学の教授であるジョバン・チヴィッチが彼に尋ねたという逸話がある。なぜ大気上層部の温度条件を計算するのか、その目的は何なのか?

 この曲線は、一連の氷河期に相関する日射量の変化を示していた。ケッペンは、ミランコビッチの太陽エネルギーに対する理論的なアプローチが、この問題に対する論理的なアプローチであると考えた。彼の太陽曲線は、1924年にウラジミール・ケッペンと彼の義理の息子であるアルフレッド・ウェゲナーが出版した「Climates of the geological past(地質学的過去の気候)」という著作の中で紹介されている[16]。

 注)以下の黄色く着色した部分が今日いわゆるミランコヴィッチ
   サイクルと呼ばれる理論の基礎である。

 
ミランコビッチは、太陽系における唯一の熱と光の源である太陽を理論の中心に据えた。ミランコヴィッチは、地球の3つの周期的な動き、すなわち、離心(10万年周期:ヨハネス・ケプラー、1609年)、軸傾斜(4万1千年周期:22.1°から24.5°、現在の地球の傾斜角は23.5°:ルートヴィヒ・ピルグリム、1904年)、歳差(2万3千年周期:ヒッパルコス、紀元前130年)を考えた。

 それぞれの周期は異なる時間軸で作用し、惑星が受け取る太陽エネルギーの量に影響を与える。このような軌道の変化は、日射量(惑星表面の任意の場所が受ける量)の変化につながる。これらの軌道変動は、月、太陽、木星、土星の重力の影響を受けており、ミランコビッチサイクルの基礎となっている[17]。


 
第四氷河期において約10万年に一度、間氷期が到
出典:欧州10ヵ国科学者による南極EPICAによる分析結果を基に作成


ミランコヴィッチ・サイクルの要素  横軸の単位は千年
上から①地球の歳差運動、②地球の地軸の傾き、 ③地球の楕円軌道の離心率、④日射量、⑤氷河期の段階


最近の氷期・間氷期と関連する温度変化および氷床の体積変化のパターン
(横軸の単位は「千年前」)

 彼の天体力学へのオリジナルの貢献は、ミランコビッチの惑星軌道のベクトル要素のシステムと呼ばれている。彼は6つのラグランジュ・ラプラシアンの楕円要素を、惑星運動の力学を決定する2つのベクトルに還元した。1つ目のベクトルは、惑星の軌道平面、惑星の回転感覚、軌道楕円パラメータを指定し、2つ目のベクトルは、平面内の軌道軸と軌道離心率を指定する。これらのベクトルを適用することで、彼は計算を大幅に簡略化し、古典的な世俗的摂動の理論のすべての公式を直接得ることができた。ミランコビッチは、ケプラーの法則からニュートンの重力の法則を導き出すという、シンプルかつ独創的な方法をとった。そして、天動説の2体問題と多体問題を扱った。ミランコヴィッチは、ル・ベリエとストックウェルの計算を受け入れたが、太陽系の惑星の質量をより新しく正確な値にすることで修正した。

 ミランコビッチは、1920年にセルビア科学芸術アカデミーから対応会員に選出され、1924年に正会員となった。ユーゴスラビア王国の気象庁は、現在の世界気象機関(WMO)の前身である国際気象機関(IMO)(1853年にブリュッセル、1873年にウィーンで設立)のメンバーとなった。ミランコビッチは、ユーゴスラビア王国の代表として長年活動していた。

 ケッペンは1926年12月14日、ミランコヴィッチに自分の計算を100万年に延長して、その結果をドナウ川流域を研究している地質学者のバルテル・エーベルに送ることを提案した。エベルは1930年にアウグスブルクで、ミランコビッチの曲線とともにこれらの情報を発表した。

 1925年から1928年にかけて、ミランコヴィッチは匿名の女性に宛てた手紙の形で大衆科学書『Through Distant Worlds and Times』を執筆した[18]。 この作品は、著者と無名の同行者が空間と時間の様々な地点を訪れる一連の想像の中で、天文学、気候学、科学の歴史を論じており、地球の形成、過去の文明、有名な古代・ルネサンスの思想家とその業績、そして同時代のケッペンやウェゲナーの研究を網羅している。ミランコヴィッチはこの「手紙」の中で、天文学や気候学に関する自説を展開したり、天文学の複雑な問題を簡略化して説明したりしている。

 その後、ミランコビッチは、ケッペン社から1930年にドイツ語で出版された『気候学ハンドブック(Handbuch der Klimalogie Band 1)』の序論部分を執筆し、1939年にロシア語に翻訳された。1934年、ミランコビッチは『Celestial Mechanics』という本を出版した。この教科書では、ベクトル微積分を用いて天体力学の問題を体系的に解いている。


夏の北緯が高いミランコビッチ曲線(1938年)。
Source:Wikimedia Coomons: CC BY-SA 4.0, Link

 1935年から1938年にかけて、ミランコビッチは氷の量が日射量の変化に依存することを計算した。彼は、夏の日射量と雪線の高度の間に数学的な関係を定義することに成功した。このようにして、夏の日射量が変化した場合に発生する雪の増加量を定義した。彼はこの結果を1938年に「気候変動に関する天文学的理論の新しい結果」として発表した。地質学者は、過去60万年間の任意の時期の氷床の境界高度を示すグラフを受け取った。その後、アンドレ・ベルジェとジャック・ラスカーがこの理論をさらに発展させた。

極地の放浪


1908年のスバールバルでの炭鉱。
Source:Wikimedia Coomons: Public Domain, Link

 大陸漂流説を唱えたウェゲナーとの会話で、ミランコビッチは地球内部や極地の動きに興味を持ち、友人に極地徘徊の調査をすることを伝えた。1929年11月、ミランコビッチはダルムシュタットのベノ・グーテンベルク教授から、地球物理学に関する10巻のハンドブックを共同で作成し、地球の回転極の世俗的変動の問題について自分の見解を発表するよう招待を受けた。

 ウェゲナーは、地球の過去における「偉大な出来事」に関する科学的研究の中で、広範な実証的証拠を提示した。しかし、ウェゲナーとミランコビッチが特に頭を悩ませたのは、北極海のスヴァールバル諸島に、現在の緯度では形成されない大きな石炭の埋蔵が発見されたことであった。

 一方、ウェゲナーは1930年11月、第4次グリーンランド遠征中に(低体温症か心不全で)亡くなった。ミランコヴィッチは、大陸はやや流動的な地下に「浮かんでいる」こと、大陸の自転軸に対する位置が自転の遠心力に影響を与え、自転軸のバランスを崩して移動させることができることを確信した[19]。

 1930年から1933年にかけて、ミランコビッチは世俗的な回転極の動きを数値化するという問題に取り組んだ。地球は全体として流体体であり、短時間の力の場合には固体として振る舞い、影響を受けると弾性体として振る舞うと考えた。ベクトル解析を用いて、地球の数学的モデルを作り、地球の極の世俗的な動きの理論を作った。

 彼は地球の極の世俗的な軌道の方程式と、その軌道に沿った極の運動の方程式を導き出した。さらに、この方程式をもとに、両半球の極軌道で最も特徴的な25の地点を決定した。この数学的計算により、ミランコビッチは初期の探検の一部となる過去の重要なポイントを16箇所、将来の探検のきっかけとなるポイントを8箇所見つけた。

 ミランコヴィッチは、過去3億年の極の軌跡を地図に描き、500万年(最小)から3,000万年(最大)の間隔で変化が起こることを述べている[20]。 彼は、世俗的な極の軌跡は、地球の外殻の構成とその上での瞬間的な極の位置、より正確には地球質量の幾何学的配置にのみ依存することを発見した。

 これに基づいて、彼は世俗的な極の軌道を計算することができた。また、ミランコヴィッチのモデルによれば、大陸ブロックはその下にある「流体」の基盤に沈み込み、等圧平衡を「目指して」滑り回っている。この問題について、彼は結論としてこう書いている。地球外の観測者にとって、極の変位は、...地球の軸がその方向を維持するような形で行われる。地球外の観測者にとって、極の変位は、...地軸は宇宙空間での方向性を維持しているが、地殻はその基層上で変位している。ミランコビッチは、1932年にベオグラードで「Numerical Trajectory of secular changes of pole's rotation」という論文を発表している。

 同じ頃、ミランコビッチはベノ・グーテンベルクの『地球物理学ハンドブック』(Handbuch der Geophysik)の4つのセクション、「宇宙における地球の位置と動き」、「地球の回転運動」、「極の世俗的変化」、「地球の歴史における気候研究のための天文学的手段」を執筆し、1933年にウェゲナーの義理の父であるケッペンから出版された。

 1934年にアテネで開催されたバルカン半島の数学者の会議で、見かけ上の極の移動に関する講演が行われた。同年、ミランコビッチは「Moving of the Earth's Poles - A Memory to Alfred Wegener」というタイトルで、アルフレッド・ウェゲナーの業績に捧げた論文を発表している。

 ミランコビッチの極地の軌跡に関する研究は、ケッペンの仲間だけに受け入れられた。科学界のほとんどの人がウェゲナーとミランコビッチの新説に懐疑的だったからだ。その後、1950年代から1960年代にかけて、古地磁気学という地球物理学の新しい学問分野が発展し、地質時代の岩石に刻まれた地球の磁場の記録を調べることで、重要な証拠が得られるようになった。古地磁気の証拠は、逆転現象や極地移動のデータとともに、1960年代から1970年代にかけて、大陸移動の理論を復活させ、それをプレートテクトニクスに転換させるきっかけとなった。ミランコヴィッチの直線的な極の軌跡とは異なり、古地磁気は地質学的な歴史における極の軌跡を再構築し、非直線的な軌跡を示した。

科学の歴史

 戦後、ミランコビッチはセルビア科学アカデミーの副会長(1948年~1958年)を務め、1948年には国際天文学連合の第7委員会の天文学的力学の委員となった。同年、イタリア古生物学研究所のメンバーにもなっている。1954年11月、最初の卒業証書を受け取ってから50年後に、ウィーン工科大学からゴールデン・ドクターの証書を受け取った。また、1955年には、ザクセン・アンハルト州ハレにあるドイツ自然科学アカデミー「レオポルディナ」の会員にも選ばれた。

 同時にミランコビッチは、科学史に関する数多くの書籍を出版した。アイザック・ニュートンとニュートンの『プリンキピア』(1946年)、自然科学の創始者たち ピタゴラス、デモクリトス、アリストテレス、アルキメデス(1947年)、天文学の歴史-その始まりから1727年まで(1948年)、科学の帝国を通して-偉大な科学者の人生からのイメージ(1950年)、化学の22世紀(1953年)、古代における技術(1955年)などである。

 1958年に脳卒中で倒れ、ベオグラードで死去した[24] ダルジの家族の墓地に埋葬されている[要出典]。

レガシー


Source:Wikimedia Coomons: CC BY-SA 4.0, Link

 ミランコヴィッチの死後、科学界のほとんどが彼の「天文学理論」に異議を唱えるようになり、彼の研究成果を認めなくなった。しかし、ミランコビッチの死後10年、最初の出版から50年を経て、ミランコビッチの理論が再び注目されるようになった。

 彼の著書は、1969年にイスラエル科学翻訳プログラムによって「Canon of Insolation of the Ice-Age Problem」というタイトルで英訳され、ワシントンD.C.の米国商務省と国立科学財団から出版された[25]。

 当初は認知度が低かったが、その後、理論の正しさが証明された。プロジェクトCLIMAP(Climate: Long Range Investigation, Mapping and Production)は、
最終的に論争を解決し、ミランコビッチサイクルの理論を証明した。

 
1972年、科学者たちは深海のコアから過去70万年の気候現象のタイムスケールを作成した。(注:これはソ連の南極ボストーク基地におけるボーリングにより得た氷床コアの放射性づい元素分析結果) 彼らはコアの分析を行い、4年後には過去50万年の間に地球の自転軸の傾きと歳差運動によって気候が変化しているという結論を出した。 [26]

 1988年には、新たな主要プロジェクトCOHMAP(Cooperative Holocene Mapping Project)が、過去1万8千年間の地球の気候変動のパターンを再構築し、ここでも天文学的要因が重要な役割を果たしていることを示した[27] 。 1989年には、SPECMAP(Spectral Mapping Project)が、気候変動が3つの天文周期それぞれの太陽放射の変化に反応していることを示した[28] 。

 1999年には、海底の堆積物に含まれる酸素の同位体組成の変化がミランコビッチ理論に従っていることが示された[29][30]。 他にも、オリジナルのミランコビッチ理論の妥当性を示す最近の研究がある[31]。 地球の気候に対する軌道強制はよく受け入れられているが、軌道によって誘発される日射量の変化がどのように気候に影響を与えるかの詳細については議論されている。

相対性理論について

 ミランコビッチは相対性理論に関する2つの論文を執筆している。彼は1912年に最初の論文「マイケルソンの実験の理論について」を書いている。彼は1924年の時点でこの理論の研究をしていた。実際、彼の論文は特殊相対性理論に関するものであり、いずれもエーテル理論を否定する強力な証拠となったマイケルソン実験(現在はマイケルソン・モーリー実験として知られている)に関するものである。マイケルソン実験を踏まえて、特殊相対性理論の第二定理である「光の速度はどの参照枠でも同じである」ことの妥当性を論じている[32]。

改訂ユリウス暦

 ミランコビッチは1923年に修正ユリウス暦を提案した。この修正ユリウス暦は、グレゴリオ暦では400で割っても余りが出ないようになっていたが、900で割っても200か600の余りが出れば百年目を閏年にするというものであった。

 1923年5月、いくつかの東方正教会の会議でこの暦が採用されたが[33][34]、1923年10月1日から13日の削除と閏年のアルゴリズムの修正のみが、多くの東方正教会で採用された。

 復活祭や関連する聖なる日の日付は、今でもユリウス暦で計算されています。ミランコヴィッチが提案した時点では、地球の自転周期は一定ではないのではないかと考えられていたが、
1930年代に入ってからの水晶時計や原子時計の開発によって、それが証明され、数値化されるようになった[35]。 地球の自転周期の変動は、グレゴリオ暦と修正ユリウス暦のいずれにおいても、長期にわたる精度の低下の主な原因となっている[36]。

受賞歴・名誉


セルビアの2019年の切手に描かれたのミランコビッチ。
Source:Wikimedia Coomons: Public Domain, Link

 天文学における彼の功績を称えて、1970年の第14回IAU総会で月の裏側の衝突クレーターにミランコヴィッチの名前が与えられた。また、1973年の第15回IAU総会では、火星のクレーターにミランコヴィッチの名前が付けられた。1993年からは欧州地球物理学会(2003年からはEGU)が長期的な気候とモデリングの分野での貢献に対してミルティン・ミランコヴィッチ・メダルを授与している[37][38]。

 1936年に発見されたメインベルト小惑星も1605年ミランコヴィッチと呼ばれている。NASAの "On the Shoulders of Giants "では、ミランコビッチは地球科学の分野で歴代トップ15の頭脳にランクインしている[39]。 聖サヴァ勲章とユーゴスラビア王冠勲章を授与されている[40]。

大衆文化において

 ミルティン・ミランコヴィッチの伝記をもとにしたドキュメンタリー映画『ミルーティン・ミラ
ンコヴィッチ - 遠い世界と時代を旅する者』(2007年、ドゥシャン・ヴレコヴィッチ監督)[41]。


ミルティン・ミランコヴィッチの代表業績

Théorie mathématique des phénomènes thermiques produits la radiation solaire, XVI, 338 p. - Paris: Gauthier-Villars, 1920.

Reforma julijanskog kalendara. Srpska Kr. Akad. Pos. Izda'na 47: 52 p., Beograd: Sv. Sava, 1923


気候変動の数理的気候学と天文学的理論。In: Köppen, W.; Geiger R. (eds.): Handbuch der Klimatologie, vol. 1: Allgemeine Klimalehre, Berlin: Borntraeger, 1930.

数理的なクライマトロジー In: Gutenberg, B. (ed.) Handbook of Geophysics, Berlin: Borntraeger, 1933.

Durchne Welten and Zeiten, Brie eins Weltalbummlers. 389 p. - Leipzig: Koehler & Amelang, 1936

地球放射のキヤノンとその氷河期問題への応用。Académie royale serbe. Éditions speciales; 132 [muchm. 133]: XX, 633, Belgrade, 1941.

日射量のキヤノンと氷河期問題。イスラエル科学翻訳プログラムによる英訳、米国商務省と国立科学財団のために発行、ワシントンD.C.:633p.、1969年。

日射量のキヤノンと氷河期の問題。Pantic, N. (ed.), Beograd: Zavod Nastavna Sredstva, 634 p., 1998.

こちらもご覧ください。

気候変動科学の歴史

文化・科学センター「ミルティン・ミランコヴィッチ」(Milutin Milanković


参考文献 脚注

1) ミルティン・ミランコビッチ。ブリタニカ百科事典

2) フェデリコフォース(2007年10月)。 「ミランコビッチの理論derDruckkurven:組積造建築のための優れた力学–スプリンガー」。ネクサスネットワークジャーナル。 Springerlink.com。 9(2):185–210。 doi:10.1007 / s00004-007-0039-9。

3) 「アイスセージ」。 Page34ニューサイエンティスト2018年8月25日

4) 「Прилогтеоријиматематскеклиме– II-184957 –ДигиталнаНароднабиблиотекаСрбије」。 Scc.digital.nb.rs。 2012年3月16日にオリジナルからアーカイブされました。2012年8月15日に取得されました。

5) 「Ораспоредусунчеверадијацијенаповршиниземље– II-058359 –ДигиталнаНароднабиблиотекаСрбије」 Scc.digital.nb.rs。 2011年3月5日にオリジナルからアーカイブされました。2012年8月15日に取得されました。

6) W. Schwarzacher(1993年8月24日)。周期層序学とミランコビッチ理論。エルゼビア。 p。 43. ISBN978-0-08-086966-7。

7) 「W.H.カルバンの心の上昇(第4章)」。 Williamcalvin.com。 1994年12月1日。2012年8月15日取得。

8) ジェームズWヘッド。 「火星の水をたどる」(PDF)。 Ifa.hawaii.edu。 2015年11月29日取得。

9) 「フォーカスセクション::惑星火星」。 MarsNews.com。 2007年9月8日取得。

10) 「質問と回答」(TXT)。 Passporttoknowledge.com。 2015年11月29日取得。

11) J. D. Macdougall(2006)凍った地球:氷河期のかつてのそして未来の物語。カリフォルニア大学出版。 p。 123. ISBN978-0-520-24824-3。
[1]

12) [1]

13) Janc, Natalija; Gavrilov, Milivoj B.; Marković, Slobodan B.; Benišek, Vojislava Protić; Benišek, Vladimir; Popović, Luka Č; Tomić, Nemanja (2019年1月1日). "Ice Age theory: a correspondence between Milutin Milanković and Vojislav Mišković". Open Geosciencesです。11 (1): 263-272. doi:10.1515/geo-2019-0021.

14)「HistCite– Record 623:気象および気候モデリングの数値手法:ミランコビッチから現在まで、そしてそれ以降」。 Garfield.library.upenn.edu。 2015年11月29日取得。

15) ロジャーM.マッコイ(2006)。氷で終わる:アルフレッド・ヴェーゲナーの革命的なアイデアと悲劇的な遠征。オックスフォード大学出版局。 p。 52. ISBN978-0-19-977495-1。

16) ウラジミール・ケーペンとアルフレッド・ヴェーゲナーによる地質学的過去の気候

17) W. Schwarzacher(1993)。周期層序学とミランコビッチ理論。 p。 29. ISBN9780080869667。

18) ジョン・インブリー;キャサリンパーマーインブリー(1986)。氷河期:謎を解く。ハーバード大学出版局。 p。 109. ISBN 9780674440753. 2013年6月5日取得。

19) 「ミランコビッチ(ミランコビッチ)、ミルティン–ミランコビッチ(ミランコビッチ)の辞書定義、ミルティン| Encyclopedia.com:無料のオンライン辞書」。 Encyclopedia.com。 1958年12月12日。2012年8月15日取得。

20) ウラド・ミリセビッチによるミランコビッチの「世界の終わり」p。 7/85

21) 「ビデオ–氷河期サイクル–ナショナルジオグラフィック」。 Video.nationalgeographic.com。 2011年10月2日にオリジナルからアーカイブされました。2012年8月15日に取得されました。

22) M.ミランコビッチ(1941)1969年、英語、ドイツ語、本、図解版:日光浴のカノンと氷河期の問題:(Kanon der Erdbestrahlung und seine Anwendung auf das Eiszeitenproblem)ベオグラード、1941年。オーストラリア国立図書館。

23) "Успомене、доживљајиисазнањаизгодина1909до1944。– II-016015-195 –ДигиталнаНароднабиблиотекаСрбије" Scc.digital.nb.rs。 2012年3月31日にオリジナルからアーカイブされました。取得

24) J. D. Macdougall(2006)凍った地球:氷河期のかつてのそして未来の物語。カリフォルニア大学出版。 p。 132. ISBN978-0-520-24824-3。

25) ミルティン・ミランコビッチ(1969)。キヤノンの日光浴と氷河期の問題:(カノン・デア・エルドベストラルンとセーヌ・アンウェンドゥン・アウフ・ダス・アイゼイテン問題)ベオグラード、1941年。イスラエル科学翻訳プログラム。 [米国商務省、連邦科学技術情報クリアリングハウス、スプリングフィールド、バージニア州から入手可能]。 Bibcode:1969ciip.book ..... M。

26) J.D.ヘイズ;ジョン・インブリー&N.J。シャックルトン(1976)。 「地球の軌道の変化:氷河期のペースメーカー」。理科。 194(4270):1121–1132。 Bibcode:1976Sci ... 194.1121H。 doi:10.1126 /science.194.4270.1121。 JSTOR1743620。PMID17790893。[2]

27) [2]

28) ヴィヴィアンゴルニッツ(2008年10月31日)。古気候学と古代環境の百科事典。シュプリンガーサイエンス&ビジネスメディア。 p。 911。ISBN978-1-4020-4551-6。

29) J.A.リアル(1999)。 「地球の軌道離心率の周波数変調による氷河期のペースメイキング」。理科。 285(5427):564–8。 doi:10.1126 /science.285.5427.564。 PMID10417382。

30) リチャードA.カー(1999)。 「なぜ氷河期は時間を守らないのか」。理科。 285(5427):503–505。 doi:10.1126 /science.285.5427.503。 JSTOR2898704。

31) ジェームズW.C.ホワイト(2004)。 「古気候:私は百万を聞きますか?」。理科。 304(5677):1609–1610。 doi:10.1126 /science.11​​00084。 PMID15192208。

32 相対性理論に関する最初のセルビア人の作品

33) M.ミランコビッチ(1924)。新ユリウス暦カレンダー、 「DasEndedes julianischen Kalenders und der neue Kalender derorientalischenKirchen」。 AstronomischeNachrichten。 220(5279):379–384。 Bibcode:1924AN .... 220..379M。 doi:10.1002 /asna.19232202303。

34) ミリアムナンシーシールド(1924)。 「東方典礼カトリック教会の新しいカレンダー」。ポピュラーアストロノミー。 32:407–411。 Bibcode:1924PA ..... 32..407S ..これはAstronomischeNachrichtenのMilankovitchによる論文の翻訳です。

35) D.D.マッカーシーとP.K.サイデルマン(2009)地球の自転から原子物理学までの時間。ヴァインハイム:Wiley-VCH。 Ch。 4、5、6、8、9、12。ISBN9783527627943。doi:10.1002 / 9783527627943

36) B.ブラックバーンとL.ホルフォード-ストレブンス(1999)オックスフォードコンパニオントゥザイヤー:カレンダーの習慣と時間の計算の調査。 Oxford University Press、pp。688、692。ISBN 0192142313

37) 「EGS–ミルティンミランコビッチメダル」。 Egu.eu。 2010年3月8日。2012年8月15日取得。

38) 「EGU–賞とメダル–ミルティンミランコビッチメダル」。 Egu.eu。 2015年11月29日取得。

39) 「ミルティンミランコビッチ:特集記事」。 Earthobservatory.nasa.gov。 2000年3月24日。2012年8月15日取得。

40) Acović、Dragomir(2012)。 Slavaičast:OdlikovanjameđuSrbima、Srbimeđuodlikovanjima。ベオグラード:SlužbeniGlasnik。 p。 344。

41) ミルティン・ミランコビッチ–YouTubeの遠い世界と時代を旅する旅行者

外部リンク  External links

Wikimedia Commons has media related to Milutin Milanković.

Ice Age – Milankovitch Cycles – National Geographic Channel Three variables known as the Milankovitch Cycles affect how and when Earth enters an ice age or global warming.

Milanković’s Analysis of Newton’s Law of Universal Gravitation

Milankovitch theory hits and misses

Milankovitch cycles

Life and Scientific Work of Milutin Milanković

Solar Radiation and Milanković

Precession and the Milanković Theory

NASA Earth Observatory article in the "on the shoulders of giants" series