エントランスへはここをクリック         

身延山久遠寺 伽藍5
Okunoin of Kuon Temple in Mt.Minobu

青山貞一・池田こみち (環境総合研究所顧問)
 独立系メディア E-wave Tokyo 2021年8月19日
 

仏殿
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900


身延山総合目次
久遠寺  伽藍1  伽藍2  伽藍3  伽藍4  伽藍5  宝物館1  宝物館2
奥之院
 塔頭  宿坊  西谷御廟1  西谷御廟2  西谷御廟3  西谷御廟4

お万の方像1  お万の方像2  お万の方像3  七面山・敬慎院  本遠寺




現在の伽藍配置図 出典:久遠寺

伽藍5

- 仏殿 納牌堂(ぶつでん のうはいどう)

 桁行七間梁間6間、向拝3間の仏殿が南面して建ち、東西に納牌堂が附属します。

 仏殿は側廻り二手先組物で、内部には建登せ柱や虹梁を多用しています。近代における諸機能の複合化を入母屋造の仏殿に宝形造の二重屋根の納牌堂が連続した独創的な外観でまとめています。 登録有形文化財(建造物)
 出典;文化財オンライン

 仏殿では朝、昼12時、夕方3時からの勤行と特別法要を営む建物です。


仏殿
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900




殿
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900



・大客殿(だいきゃくでん)
 
 仏殿納牌堂の東に西面して建っています。入母屋造平入の長大な客殿で、内部は20畳の上段を含む畳敷の広間5室としています。正面中央に向唐破風の式台付大玄関を設け、東端に入母屋の小玄関を配しています。

 雄大かつ豪壮な外観で総本山の接客機能に相応しい格式を備える。登録有形文化財(建造物)  登録有形文化財(建造物)
 出典;文化財オンライン


大客殿
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900




大客殿
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900



・法喜堂


法喜堂
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900



法喜堂
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900


- 釈迦殿(しゃかでん)

 仏殿手前6階建の建物です。本堂建立により釈迦堂を移した釈迦殿は6階にあります。納牌堂は1階から5階までとなっており、全国の信徒の先祖の遺骨を安置してある建物です。


・鐘楼


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900



撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900

 山梨県
 昭和中/1952 
 木造平屋建、瓦葺、建築面積9.9㎡ 1棟
 山梨県南巨摩郡身延町身延4252
 登録年月日:20180510
 宗教法人身延山久遠寺
 登録有形文化財(建造物)

 方一間袴腰付の鐘楼で、屋根は南北棟の入母屋造桟瓦葺。擬宝珠高欄付の縁を三手先腰組で受け、組物間は一二支の彫刻で飾っています。上層は粽付円柱を虹梁形頭貫で固め、台輪を廻らして出組の詰組とする。全体にたちの高いつくりで、本坊域入口の景観を整えています。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900


撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900

 以下は宮沢賢治碑です。


出典:じゃらん

宮沢賢治の言葉

 賢治は自分を凡人中の凡人だと思っていた。彼は宇宙の真理としての法華経の教えにしたがって生きただけの凡庸な人間にすぎなかった。しかし彼は自分の凡庸さが、世間の常識と必ずしも一致していないことに気づくにつれ、自分が世間からまつたく孤立してしまっているのではないかという不安にさいなまれるようになった。

 ――もしかしたら本当に自分はかわったことを言っているのかもしれない。いや、そんなことはない――賢治は自分の常識が世界の常識と同じであることを自分に言いきかせ、他人にも確認を求めずにはいられなかった。

 自分の言っていることは絶対に正しい。自分のためにそれを主張しているのならあきらめもつこうが、相手のためを思って言っていることであるからどうしても納得してもらわなければならない。宇宙の真理としての法華経は誰が何といったところで絶対的に真理なのである。全生命体がそれを理解してくれなくては、賢治ひとりの信仰だってなりたたなくなってしまうのだ。

 問題なのは、うまく信仰の正しさを伝えられる言葉がないということだ。世界にこれだけ多くの宗教と迷妄がはびこっているのは、法華経の言葉がうまくいきわたっていないからなのだ。なんとしてもやりとげねばならないのは、完全なる言葉を見つけて法華経の正しさを伝えることである。...


宝物館1へつづく