エントランスへはここをクリック       

朝鮮戦争の映画が殉国記念日に
公開され、まもなく興行成績のトップに立つ
Liu Caiyu、Yu Jincui 環球時報 
2021年9月30日
Korean War film breaks records, has implications
 for today's China-US competition

Liu Caiyu and Yu Jincui GT September 30 2021

翻訳:青山貞一(東京都市大学名誉教授)
 独立系メディア E-wave Tokyo 2021年10月1日
 

映画館で上映されている映画「長江湖畔の戦い」のポスター。写真は中国 海上保安庁  

 朝鮮戦争(1950-53年)を題材にした待望の中国映画「The Battle at Lake Changjin(長江湖畔の戦い)」が、9月30日の中国の第8回殉国記念日に合わせて木曜日に全国で公開された。

 チェン・カイジ監督と香港の2人の監督、ダンテ・ラム・チウインとツイ・ハークが共同で製作したこの映画の興行収入は、公開後約5時間で1億元(1,540万ドル)を突破し、2020年の中国の戦争大作「The Eight Hundred」の興行収入を軽々と超えてしまいた。

 本作の総興行収入は、木曜夜9時の時点で現在2億元となっている。中国のツイッターのような新浪微博では、関連のハッシュタグが3億回以上も閲覧されている。

 この映画は、アメリカの侵略に抵抗し、韓国を援助するための戦争(1950-53年)において、中国人民志願軍(CPV)の兵士たちが、厳しい寒さと敵のより高度な武器の中でどのように持ちこたえたかを描いたものであると、筋書きについて入手可能な情報は伝えている。

 2人の中国人兵士の成長物語が映画の焦点となっている。主人公を演じるのは、『Wolf Warrior』シリーズの監督兼主演のウー・ジンと、第93回アカデミー賞にノミネートされた、学校でのいじめをテーマにした映画『Better Days』の主演、ジャクソン・イーである。

 中国中部の河南省鄭州市では、『環球時報』が映画を見た人たちの第一報を伝えており、その中には意見を述べる人もいました。

 「私にとってこの物語は、戦争そのものを超えて、中国の国家の回復力を示している」と、視聴者は真の戦闘映画についてコメントした。

 長江湖畔(多くの人は「朝鮮貯水池」とも呼ぶ)は北朝鮮にある。1950年11月、国連軍はクリスマスまでに戦争に勝利すると主張して、中国と北朝鮮の国境である鴨緑江に北上した。

 中国人民義勇軍の兵士たちは、国連軍との戦いだけではなく、自然を相手に強い意志を持って戦わなければならなかった。

 中国人民義勇軍は、湖の近くに駐留していたアメリカ軍と対峙し、圧倒的な戦いぶりで勝利を収めたのである。長江湖畔の戦いは、中国が朝鮮戦争に参加したことを指す「対米英戦争」の重要な場面となった。

 「戦闘シーンや双方の兵士の描写など、多くのディテールがこの戦いを強く感じさせてくれた。誰もが戦争に参加したいとは思わないが、正当な理由があるからこそ参加しなければならないのだ。"

 鄭州の多くの映画館では、木曜日の午後7時の時点ですでに満席となっていた。この映画のチケットは、大型連休を控えていることもあり、多くのオンラインプラットフォームで購入できないことに、環球時報は気づいた。

 試写会に参加した北京の観客、Xuさんは10点満点中8点を付け、この映画の「傑出した部分」について、これまで見てきた他の多くの戦争映画とは全く異なるものだと考えていると、Global Timesに語った。

 徐さんは、この映画が戦争中の大きな流れの中で、感動的なストーリーを描いていると考えている。

 「一方では、義勇軍がこの戦争に参加する必要性を説明し、他方では、かなり小さな視点から、一人の青年が少年から真の戦士へと成長していく物語を描いています」と述べ、観客を映画により深く関与させている。

 「このような映画がもっと必要だと思います。戦争のことだけでなく、戦争中の新鮮な血の話や、あらゆる戦いにおける中国人の回復力を反映した真実の物語を伝える映画が」。

 3時間の映画は観客の心を揺さぶり、観客は映画の余韻に浸っていた。

 「これは偉大な戦いだ。成功と英雄的な物語は、3時間では要約できない」と、最初の映画の旅を終えたWeiboのネットユーザーも語っている。

 公式統計によると、約18万人の中国兵が朝鮮半島の戦場で命を捧げた。これらの英雄を記念する特別な日である木曜日に、主要な俳優を含む映画の出演者たちは、中国東北部の遼寧省瀋陽市にある殉職者記念公園に行ったと『紙』紙が報じた。

 この映画の制作会社であるボナフィルムの従業員の一人は、公園で殉職者に黙祷を捧げるキャストが列をなしている写真群を環球時報と共有し、この記念公園は映画のキャストにとって必ず行くべき場所であると語った。

 映画の製作費は13億元を超え、中国史上最も高額な映画となった。テンセントニュースによると、大きな戦闘シーンの一部では7万人以上がエキストラとして雇われたという。