エントランスへはここをクリック   

2018年・東日本大震災
復旧実態調査(福島県編)
〜北茨城市五浦海岸(六角堂2)〜


青山貞一・池田こみち 
環境総合研究所顧問
掲載月日:2018年6月28日
 独立系メディア E−wave Tokyo
断転載禁


 五浦美術文化研究所内には、六角堂以外に素晴らしい建築物や常設展示それに日本提案がある。

 ※ 青山貞一・池田こみち 2011年末の<北茨城>六角堂と岡倉天心

 下は天心邸である。先に図をお見せしたように、3.11の津波では、この天心邸も浸水した。天心邸は海面よりもおそらく10m以上あるはずだが、完全に浸水したのである。見たところ、完全に修復されていた。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900

 下は日本庭園の一部だ。すっかり苔生して素晴らしい池田が好きそうな景観だ。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900

 さらに研究所の入り口を張ってすぐ左に常設展示もある。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900

 研究所とは別、茨城県天心記念五浦美術館があるが、時間の関係で今回は研究所のみを視察し、調査した。

 なお、研究所は崖の上の高台にあるのに、各所で0.07μSV/hと周辺地域より高いのは、おそらく植物、苔、森林などがふんだんにあるためであると考えられる。


 五浦海岸の六角堂を視察後、ちょうどお昼になったので、どこかで食事をと思っていたところ、六角堂のすぐそばに「なぶら」という地魚料理の店を見つけた。

 場所は下の地図にあるように、六角堂から県道354号に出てすぐのところにある。地魚料理店なぶらは、五浦美術の里公園の向かい側にあった。


グーグルマップ

 何といっても漁港のそば、さっそく店内に入ると、すでに多くの客がいる。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900

 青山は「海鮮丼」、池田は「カレーの煮魚定食」を注文した。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900

 下は「なぶら」のメニューだ。どれもこれもおいしそうな魚介料理ばかりだ!
 

「なぶら」のメニュー


 昼食の後は、県道354号線を北上し福島県のいわき市勿来にはうる。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900


つづく